あなたの陸上人生に劇的なドラマを。

LINE持ってる選手は 今すぐクリック!

【短距離トレーニングおすすめ13選】たった30日で陸上100mが0.38秒足が速くなるコツ

 
100m足速く走る方法_おすすめトレーニング
この記事を書いている人 - WRITER -

 

100m12秒2台で
予選落ちしていた僕が

10秒94まで速くなり
県の決勝レースで活躍できた

 

スポーツ科学で証明された
『足が速くなる』トレーニング

 

 

 

タブロを”ガツン”と蹴って

地面をしっかり押し進めながら
グングン『加速』出来て

後半まで『伸びる』ように
スピードに乗り続けるトレーニングを
あなたにプレゼントします!

 

足が速い選手が持っている
『ある』共通点

 

 

どんな選手が
足が速くて勝負強いのかは

スポーツ科学的には
かなり研究が進んでいます!

 

たとえば、

「トップスピード」が速い選手ほど
レースで勝やすくタイムが速い!

ということが
研究で分かっています!

 

 

つまり、

ピストルが”パンッ”と鳴って
スタートし始めてから

どれだけ『加速』して
トップスピードをライバルよりも
速くすることが出来るか。

で、勝敗が決まります!

 

 

 

勝負は『6秒』

 

 

要なポイントがあって、

 

足が遅い選手も
オリンピック選手も

トップスピードには
どんな選手も「6〜7秒」後になる

ということも
スポーツ科学で分かっています。

 

つまり、タイムや勝敗を分ける
「トップスピード」を高めるためには

スタート後『6秒』で
どれだけ加速してスピードUPできるのか。

が、重要なんです!

 

 

 

加速する能力があれば
『レース後半にも強く』なる!

 

 

ース後半のスピードにも

やはり前半での
『加速』能力が深く関係します!

 

というのも、

どんなレベルの選手でも
トップスピードまでは約6秒です。

 

つまり

走るのが遅い選手ほど
トップスピード地点が手前になるので

『減速する時間』が長くなります↓

足が遅い選手ほど
減速する時間が長いという
地獄のように不利な展開になります。

 

あなただけでなく
100m9秒台の選手ですら
6秒以降は、必ず減速します。

 

レースの後半で
スピードUPすることは
現実的に不可能なので

最初の6秒で、より遠くまで走れる
加速力を極めてください!

 

前半が苦手な場合も
後半で失速してしまう場合にも

スタート後の “6秒”での
『加速力』があれば有利に戦えます!

 

 

「でも加速って、難しそう…」
「どうすれば良い…?」

 

ちょっと理論的に説明したので
少し難しそうに感じたかもしれませんが
全然カンタンなんです!

 

というのも

スポーツ科学の研究で
どんな「トレーニング」が
効果のあるか分かっているので

1日数分で良いので
そのトレーニングするだけでOK!

 

 

「加速力」を底上げする
スポーツ科学で証明された

『ある』トレーニング?!

 

速力を
手に入れるために

  • スタートの技術
  • 前傾姿勢で進むコツ
  • トップスピードをUPする練習
  • 加速に1番関係する『意外な』筋肉

スポーツ科学的にも
効果バツグンと報告された
トレーニング法をご紹介します!

 

スマホ・PCで読める
オンラインブックを作りました!

 

スポーツ科学といっても
最新のトレーニング器具とかは
もちろん不要で、誰にでもできて

家や部活でも、いつでも試せる内容です↓

 

Speed Training

 

↑タップ↑

 

 

は、陸上コーチとして
「足を速くするコツ」を教えている
僕ですが、もともとは…

 

僕は100m12秒2で

予選落ちするような
いわゆる「平凡」な選手でした。

 

 

スト何秒?』って聞かれても
遅いから言いたくありませんでした。

 

相手よりも自分のベストが
ちょっと低いだけで

直接対決もしてないのに
負けた感があったり

 

「なんで自分は遅いんだ…」
と、情けなくなったり

「まぁオレの方が速いな」って
少し見下されてるような気がして
めちゃくちゃ悔しい思いをしてきました。

 

 

「今日こそはベスト更新!」

そう思って出た大会。

 

スタート直後から
隣のレーンの選手に置いていかれ、

「やばい… 抜かさなきゃ…」
「でもあと50m… 30m… 20m…」

 

後半になるにつれて
足が重く、膝が上がらなくなり

全く追いつくこともできず
むしろ後半で差を大きく広げられて、

 

「あー、もう勝てない。終わった。」

 

 

自分の走りが出来ず
また予選落ち。

 

 

ゴール後、タイムを見たけど
やっぱり全然ダメでした。

 

少しも速くなれていない自分が
恥ずかしくて、自分が情けなくて

一緒に頑張った仲間が
良いタイムを出していても
素直に喜べませんでした。

 

 

今ままで勝っていた後輩にも

ベストを抜かされて

 

胸を”ギュッ”と
しめつけられるほど
悔しかったけど

「やっぱり足が速くなりたい」

「もう負けたくない」

そう決意して、

 

本やネットで
速くなる方法を全部調べて

  • トレーニング
  • スプリントドリル
  • 補強

などなど…。

50種類以上
全部試してみました。

 

しかし…
全然、足は速くなりません。

 

 

「足は速くなりたい」

でも、どうすれば良いのか…?

「何か良い練習ないのかな」

 

 

そんな時、

たまたまリレーで何度も
インターハイ入賞してる常連高との
合同合宿に参加できるチャンスがあって、

その合宿中、僕は
気づきました。

 

『なぜ強豪校の選手は
 速く走れるんだろう?』

と。

 

なぜか?

 

彼らは強豪校に入学してから
加速力がUPする『ある』トレーニングを
ほぼ毎日やっているそうです。

 

毎日やってたので
猛烈に気になって仲良くなった選手に
ポイントとやり方を教えてもらいました。

 

この加速力UPトレーニングは
誰にでもカンタンに、すぐ出来ます。

 

しかし
正しく教えられる人が
極端に少なく、

あと若干、地味なので
やっていたとしても
周りの選手は気づけません。

 

 

地味でカンタンな
『加速力UP』トレーニングを
半信半疑で始めてみた

 

 

数日間、
トレーニングを続けてみると…

 

いつも以上に、
ガツンとスタブロを
蹴って
飛び出せるようになりました。

 

おまけに2歩目以降も
『グングン』と、加速できて
トップスピードが上がったんです。

 

 

「なんか最近、動き良いね!」
「走り方、変わった?」

 

先生や先輩にも
走り方を褒められて

自分でも
走りが軽くなったというか
ラクに進んでる実感がありました。

 

そのトレーニングを
やればやるほど明らかに
速くなっていく自分に

ニヤケが止まらず
毎日の練習が楽しすぎて、

 

「次の大会は、ベスト出るかも…!」

と、ベスト更新への期待で

早く大会が来ないかと
ワクワク・ドキドキする気持ちを
抑えられなかったです。

 

 

会当日、予選レース

 

 

タートもハマり
3歩目からトップにおどり出てて、

 

後半になっても
カラダが “スッスッスッ” と
素早くい動き続けて

スピードが落ちず
むしろ「伸びる」ように
グングン加速できました!

 

何度も走ってきた100mが
いつもよりも短く感じるほど
スピードに乗れた。

 

習でやってきた
加速力UPトレーニングの成果なのか

レース中盤でスピードに乗れて、

 

「まだまだいけそう」
余力を残しつつも、

組1着でゴールし
今まで何度も落ちてきた
予選をやっと通過できました。

 

 

念願の「決勝」

 

 

待ちに待った決勝の舞台。

 

  • 予選で落ちた選手
  • 応援にきてくれた方々
  • 他の種目の選手

何百人、何千人もの
競技場にいる全員の視線が
決勝の「8人」だけに集中して、

 

 

ドキ… ドキ… ドキ… 」

 

臓が熱く、そして高鳴り
興奮とリラックスが
同時に膨れ上がり

鳥肌が立つほどの
強烈なプレッシャーですら
めちゃくちゃ気持ち良い時間。

 

会場全体が息をのむような
はりつめた緊張感に包まれる中で
いよいよレースが始まります。

 

 

「 Set… “パンッッ“ 」

 

 

スタートから
一気にトップに躍り出て

中盤でさらに加速して
グングン引き離しながら

後半は腰が高い走りで
「伸びる」ようにスピードが落ちない

“ポンッポンッ”と反発をもらった
軽やかに進む走りでゴール!

 

 

実力の120%を出せて
ベストを大幅に更新でき

自分でも「よく頑張った」と
心の奥底から自信があふれてきて

日々の練習が
報われた感じがしました!

 

 

達がニヤニヤしながら
小走りで寄ってきて、

「おめでとう」
「さすがだね!」
「マジで良かったな」

と、褒めてもらうことができ、

自分の努力が報われた気分を
嫌というほど感じることができます。

 

そして目標の大会への
出場権も手に入れることができました!

 

 

あなたも練習で1度
『強豪校の加速トレーニング』を
試してみませんか…?

 

 

ちなみにこれは
あとで知ったことですが、

 

僕が取り入れた
強豪校の選手が毎日やっていた
『ある』トレーニング

スポーツ科学の分野でも
効果が認められていたんです。

 

スポーツ科学で
効果が認められてる練習が
どのくらい安心かというと、

100回試したら
95回は効果あるよね!ってのを

頭のいい大学の教授や
スポーツ研究者が証明したということです。

 

それだけ失敗しにくく確実に
効果が出やすいトレーニングですが

論文は専門用語と数字ばかりで
頭がズキズキと痛くなってくるほど
読んでも理解するのが困難です。

 

 

そこで、僕が

小学生でも完ペキに
理解が出来てしまうほど
分かりやすくまとめました!

 

 

Speed Training

↑タップ↑

 

 

 

今のままの練習で
ベストは出そうですか??

 

 

しかしたら、

もっと効率的に速くなれる方法が
あるんじゃないのかな・・・

足の速い人は、もっといい補強を
知ってんじゃないかな・・・

 

何のトレーニングをしたらいいのか。
どんな風にやったらいいのか。

 

友達や後輩が伸びてるのに
自分が伸びていないと焦りますよね…?

 

 

 

そのままで、いいんですか?

 

 

良いわけないですよね。

足を速くして見返してやりましょうよ。
いっぱい褒めてもらいましょうよ。
記録出して認めさせましょうよ。

 

僕と一緒に、足を速くしていって
「どうだ!すごいでしょ!」って。

 

 

なたの足が速くなるように

スポーツ科学が『効果バツグン』と
証明されたトレーニングをまとめました↓

 

 

Speed Training

 

↓ プレゼント🎁の内容 ↓


 

コツ①

2歩目から一気に加速?!

30m付近まで前傾姿勢を保って
トップスピードまで加速する㊙︎テク

コツ②

3つの『足が速くなる』筋肉

スポーツ科学で分かった足が速い選手に
共通して発達してた筋肉とは…?

コツ③

半まで「伸びる」ように走るコツ

スピードと持久力を同時に強化する
上質な筋肉をつくるトレーニング

コツ④

タブロを「グッ」と蹴るコツ

1歩目が”ハマる”だけで
焦りがなくなり自分の走りができる!

コツ⑤

力3倍にするコツ

筋肉やパワーがないと感じる時に
すぐパワーUPできる簡単コツ

コツ⑥

ラダが連動する腕振り術

一般的な「前後に振る」のではなく
“○○のように” 振ってみてください!

コツ⑦

録が伸びるストレッチ

練習後の疲労がゴッソリ取れて
走りが軽くなる試合専用ストレッチ

コツ⑧

3歩で「足が流れる」は治ります

しかもピッチも上がるし
ストライドも伸びてお得です

コツ⑨

1秒”でリラックスする裏ワザ

強制的に“リラックス”させ
大きくダイナミックに走るコツ

 

 

Speed Training

↑タップ↑

 

 

 

あなたよりも先にプレゼントを
手に入れた選手の方々に

感謝の言葉をいただきました!



許可をもらった一部の方のみ、
モザイクを使って掲載させていただいております。

♣ 200m1.0秒短縮&関東出場

陸上 教科書

♣ 73日で100m 0.35秒更新!

陸上_トレーニング

 

♣ 細身体型でも効果あり&疑問解決!

 

♣ 後半の伸びでベスト更新!

ハードル 練習 ポイント

 

プレゼントの中には、この秘密が全て載っております。


 

 

マホかパソコンがあれば
いつでもどこでも読める
『オンラインブック』です!

 

今なら「無料(0円)」で
お渡ししていますが、

 

このプレゼント企画は
予告なく突然終了してしまう
可能性があります。

 

申し訳ございませんが
企画が終了した場合には
お渡しすることが出来なくなります。

 

Speed Training

↑タップ↑

 

 

 

あなたは
誰なんですか??

 

申し訳ございません
自己紹介が遅れました!

 

プロ陸上コーチ:ぐ〜ら(柏倉 飛鳥)

 

中学に陸上部がなかったせいで、知識ゼロ・技術ゼロの状態で高校から陸上を本格的に始めたので、基礎が出来ておらず「足の遅さ」に長年悩まされながらも、オリンピック選手に教えてもらったトレーニングで100m10秒台を達成。東京学芸大学でスポーツ指導者の勉強、スポーツ科学を学び、保健体育の教員免許も取得。

 

そして大学卒業後、

小学生から中高生、マスターズまでの
2000人以上の選手に「走り方」を教えてきました。

 

 

どうして「無料」で
プレゼントしてるんですか…?

 

 

そうですよね、無料と言われると
逆に怪しいですよね。

 

が最近、
陸上界に思うことは

「速く強い実績のある選手しか
 強くなれない不平等な世界だなぁ」

って思うんです。

 

たとえば、

強い選手ほど
ズルイ!と思うような
チャンスがたくさん巡ってきます。

 

指定選手に選ばれ
強化合宿に参加することができて、

有名な指導者に
教えてもらうことができたり、

 

大舞台に出場して
大会慣れできたりとか、

速ければ異性にモテるし
自信はどんどんついていくし、

 

陸上友達もどんどん増えて
アドバイスをもらいやすくなったり、

どんどん良い方向に進んでいきます。

 

 

ップ選手だけ参加できる
全国合宿で教えられることは

タイムの遅い選手や普通の選手には
一切伝わってきません。

 

 

オリンピックで活躍できるような
「強い選手だけ育て活躍してもらう」
という考え方が強いんですね。

 

 

いま強い選手だけを
強くしていけばいい

…というのは、
間違っていると思う

 

 

僕の顧問の先生は
短距離にあまり詳しくなく

専門的なトレーニングが
なかなか受けることが出来ずに
1人で苦しんでいました…。

 

同じ悩みを持つ人に
悔しい思いをしてもらいたくない。

 

 

 

 

僕がブログを更新し続けていくことで
指導者がいない選手を救えたり、

 

僕の記事を読むことで

成長する”キッカケ”や
やる気になる”キッカケ”になったら
最高だと思うんですよね!

 

 

今回のプレゼントを読んで
大幅に自己ベストを更新して

「自分は頑張った」
と自信を持ってもらいたい。

 

応援してくれた人からたくさんの
「おめでとう」や「すごいね!」を
言われる選手になってもらいたい。

 

そんな想いを込めながら
走ることが好きになる選手が増えるよう
作ったものなので無料でお渡ししています。

 

 

受け取り方について


 

  STEP ① 

「プレゼントを受け取る」ボタンを
タップしてください!

 

  STEP ② 

30秒で終わる簡単な
アンケートに答えると
返信メールが届きます!

 

  STEP ③ 

その返信メールにあるURLリンクから
プレゼントをお渡ししています!

 

  STEP ④ 

まずは1通り読んでみて
次の練習で実際にやってみましょう!

 

 

  STEP ⑤ 

走りがスムーズになったり
フォームの変化を楽しんでください!

 

  STEP ⑥ 

2日目以降もメールで
プレゼントを送っていくので

毎日1つずつで良いので
速く走るコツを試してみてください。

 

  STEP ⑦ 

読んで → 試して → 速くなる

を、繰り返していくことで
7日後には「減速しない走り」を
身につけることが出来ます!

 

  STEP ⑧ 

まるで後半まで「伸びる」ように
加速に乗ってしっかり走れます!

今まで感じたことない
スピード感を実感できるはずです!

 

 

 

Speed Training

↑タップ↑

 

 

疑問解決! Q&A


 

 本当にお金はかかりませんか?
はい。0円でお渡しします!

プレゼントはどうやって見れますか?
今読んでいただいているブログ記事の様に
スマホやパソコンがあればご覧いただけます!

迷惑メッセージとかきませんか?
安心して下さい。
迷惑メッセージなどは送られません。

いつまで受け取れますか?
このプレゼントキャンペーンは
予告なく終了することがございます。

似た内容の本は売っていますか?
オリジナルの資料なのでネットで調べても
ここでしか受け取れない内容になってます

 

Speed Training

↑タップ↑

 

 

"走りをバージョンアップ"
「AUTONOMY」配布

総ページ300ページを超える全13章で

「簡単に"筋肉を緩めて"全身を連動させ
 試した瞬間に速く走れる13の方法」

を全てまとめ上げた
スマホで読めるE-bookです。

ぜひ、あなたの走りの1歩1歩の質を
バージョンアップしてください。

あと、そのうち有料予定なので
今のうちにゲットしてくださいね。

さらに、何やらここでは言えない
『超豪華特典』も付いています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 陸上.com , 2019 All Rights Reserved.