あなたの陸上人生に劇的なドラマを。

LINE持ってる選手は 今すぐクリック!

高校日本一直伝!お尻を鍛え馬力をUPし、ストライドを伸ばすトレーニング

 
ストライド
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

本一強い高校の
どこでも出来るお尻トレーニング
今回はご紹介いたします!

 

力強くストライドの大きな走りには
お尻トレーニングが必要です!

 

やはり大きなストライドで走れることは
走るうえで、かなり有利になりますよね!

今回ご紹介するお尻トレーニングを行うと
1歩1歩のストライドが大きくなるだけではなく、

スタートで前傾姿勢で走っている時にも
フラつかずに安定して走ることが出来ます。

 

ストライドを広げるために
なぜお尻の筋肉が必要なのか?

 

あなたは馬は好きですか?

{B5A27CA7-D737-4419-B8C8-B4697C5E4F51}

 

僕は大好きです。

足が速くて引き締まった身体を
見ているのが好きです。

馬は時速70キロくらいで走るんですが
あのウサインボルトでも44キロくらいですから
かなり速いですよね。

 

ものすごいパワーがあることを
よく「馬力がある」っていいますね。

スプリンターには、
やっぱり馬力は必要不可欠です。

圧倒的な馬力で
誰も追いつけないスピードで
“ぶっちぎりたい”ですよね。

 

じゃあ、馬力ってどこから
生まれてくるのっていうと、

「お尻の筋肉」なんです。

馬の身体を見ると
“速さのヒミツ”が分かると思います。

走りのエンジンである
足をみてみると、

人間でいうふくらはぎと
モモの筋肉は細いですよね?

 

そして、
「お尻の筋肉」が
ものすごく発達しています。

このパワー生み出すお尻こそが
”馬力”をつくりだすのです。

 

“前モモ”や”ふくらはぎ”を使うと
大きなストライドになりにくい?!

 

あなたは普段走るときに
お尻で走れていますか?

前モモやふくらはぎの筋肉を
使ってしまってませんか?

 

じつは「足が遅い人」の多くが
“お尻の筋肉がうまく使えてない”です。

 

例えば・・・

  • たくさん蹴っているつもりなのに
    あまり進んでいない気がする
  • お尻よりも前モモが疲れやすい
  • 股関節から動かすことができない

少しでも心当たりがあれば、
上手くお尻を使えていない可能性があります。

 

地面をけるときに
膝で押そうとしたり、

ふくらはぎで
がんばってしまったりすると

お尻の筋肉が
使われにくくなります。

 

お尻の筋肉を使えることが
ストライドを広げる秘訣

 

お尻から動かせていないと
股関節からの動きになりにくくなり、

せっかく地面を蹴った力が
関節で吸収され伝わりにくくなるので、
ストライドも伸びにくくなります。

 

今のままでは足は速くならず、
モタモタしているうちに後輩に
抜かされてしまうかもしれません。

お尻の筋肉が大事なのは知っていたけど
なかなかうまく使えない。

もしあなたが、お尻を使って
走れていないのだとしたら、

今から紹介するトレーニングを
やってみてください。

 

高校日本一を育てたトレーニング

 

これからご紹介するトレーニングは、

毎年「日本一」を育てあげている
京都の洛南高校のトレーニングです。

その卒業生には100mで日本人初の
9秒台をマークした桐生祥秀選手もいます。

 

数多くの日本一を出している高校で
練習前に全員が行っている

身体の使い方を整える
ウォーミングアップトレーニングです。

 

洛南高校の柴田先生も
「これを3年間続けたら強くなりますよ」
とお話されていました。

洛南高校は強豪校ではありますが
練習環境があまり整っていないので、

小さな練習場でも出来る工夫にあふれた
トレーニングをたくさん行っています。

 

あなたにはそこから
いろんなことを吸収して
自分のものにしてほしいと思います。

 

「練習環境を言い訳にしたくない」
「選手は必ず強くしたい」

という柴田先生の「熱い想い」と「工夫」が
凝縮されているトレーニングになります。

 

1セット”30秒”だけで
どんどん足腰が強くなります!

 

そのトレーニングがこちらです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

どうですか?
簡単に見えますよね!

でもやってみると
意外とむずかしいと思います。

 

意識するポイント

同じ側の手と足をだして
背筋を”ピン”と伸ばし

「お尻で支えるように」して
股関節からこきざみに上下します。

1セット上下に20~30回を目安に
3セット行ってみてください。

 

 

膝の曲げ伸ばしではなく
必ずお尻で支えるように

 

 

膝の曲げ伸ばしに絶対なってはいけません。
ということだけ注意して下さい。

そして
必ずお尻で支えてください。

 

  • がんばってるのに全然進まない
  • スタートダッシュで置いて行かれる
  • 筋力がなくて左右にブレる
  • 股関節から動かせない

これらで悩んでるのなら
今日から練習前やウォーミングアップに
ぜひ取り入れるようにしましょう。

お尻で支えることで、
スタートでブレることなく、

グングン地面をおして
加速していけるでしょう。

毎日1セットだけでいいので
コツコツ続けてください。

 

日本一の洛南高校の選手も
毎日コツコツとやっています。

 

今回のブログは以上になりますが、
「本気で強くなりたい」と思う人だけ

必ずもう一度
動画を見直してください。

見てわかると思いますが、土のグラウンドで
決して環境に恵まれてないにもかかわらず、

“毎年日本一”を出している
洛南高校のトレーニングです。

 

この動画でやってくれている選手も
八種競技の高校記録をつくった選手です。

ぜひお手本にしてください。

コツコツと続けて
圧倒的な「馬力」を手にしてください。

今やるべきことは、たった1つです。

 

強くなるために
もう1度動画を見る

 

お尻だけではなく、
股関節周りの筋肉や腸腰筋、
バランス感覚なども鍛えられるので
ぜひやってみてくださいね!

 

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 陸上.com , 2017 All Rights Reserved.