あなたの陸上人生に劇的なドラマを。

LINE持ってる選手は 今すぐクリック!

短距離走のピッチを上げるオススメ練習はコレ!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

 

しかしてアナタも、

大会でタイムが悪かった時や
普段の練習で上手くいかない時に

 

ピッチさえ早くなれば
もっとタイムが出るのに…

 

そう思ったことはありませんか?

 

今回は、速く走りたい選手に向けて
ピッチを上げる方法をご紹介していきます!

 

ピッチを上げるには?

 

『ピッチを上げたい!』

そう思った時に、
あなたならどうやれば
上手くいくと思いますか?

 

「足をもっと速く動かします!」
「足の筋肉を強化していきます!」
「接地時間を短くします!」

 

そんな風に思っていますかね?

 

確かに足を速くしたり
足を前に持ってくることは

ピッチを速くするためには
すごく重要なことだと思います。

 

だそんなことはアナタも
前から分かってるだろうし

これまでも何回も
チャレンジはしてきたけど
上手くいかなかったかもしれません。

 

忘れがちなポイントがあります。

 

「足を速くしよう!」
「もっと速く動かそう!」

そうアタマでは思っていても
なぜか身体が動いてくれない時って
結構ありませんか…?

 

も練習でいろんな方法を試しては
失敗して、なかなかピッチは上がりませんでした。

 

でも、多くの選手が
忘れてしまいがちな『ある』ポイント
意識したことによって簡単に改善できたんです!

 

のポイントは、

小学5年生だろうが
50歳の選手でも簡単にできます。

 

しかも効果もバツグンで
どんどん足が前に出てくるので
スイスイ走ることができます!

 

ただ、ちょっと意外すぎて
忘れがちなポイントなので、

ほとんどの選手が
気づけていません。

あと若干、地味なので
好んでやる選手は少ないです。

 

して残念ながら、

このポイントを出来ていなければ
あなたのピッチは上がりにくいです。

 

死ぬほど足を
速く動かそうと意識したとしても、

どれだけ足を速く動かせる
圧倒的なパワーを身につけたとしても、

今後ピッチは
ほとんど上がらないでしょう。

早く走れない メンタル

 

もしかしたら
ピッチが上がらないせいで
最後の最後、ゴール手前で抜かされて

負けて悔しい想いをして
みじめな気持ちになるかもしれません。

 

本的にレースのタイムは
「ピッチ × ストライド」で決まるので

ピッチが上がらないことが原因で

 

ライバルや後輩にも抜かされたり
念願だった大会にも出られなかったり

最悪の結末になる可能性だって
十分にあると思います。

 

「何ヶ月も練習を頑張ったのに…」

 

絶対そう思いたくないですよね??

 

 

でも、大丈夫です。

僕がこれから、詳しくお伝えするので
今から2分間だけ、この画面に集中して
真剣に読み進めて欲しいと思います。

 

ピッチが上がらない原因とは?

 

ぜ僕がここまで
「忘れがち」や「意外」だと
お伝えしてきたのかと言うと、

 

ほとんどの選手は
ピッチを速くしようとする時に

「足」だけ改善しようとして
気付きにくくなっているからです。

 

  • 足を速く動かそう
  • 足を動かす筋肉を鍛えよう

ピッチの速さって
1秒間に足をどれだけ速く動かせるか
で、決まるものなので、

ついつい、足ばっかりを
意識してしまいがちになります。

 

ただそれでは残念ながら
上手くいきにくいです。

 

 

実験してみると分かりやすい!

 

ピッチが速くなる
『ある』ポイントとは
いったい何なのか。

 

そして、

なぜ「足」を意識しても
上手くいきにくいのかを

実験を紹介しながら
解説していきますね!

 

コレ出来ますか?

 

あなたにやって欲しいのは

高速で足踏みしながら
腕振りはゆっくりやる

という実験です。

 

↓こんな感じです。


GIF参考動画:TKD PROJECT

 

コツや感覚さえつかめば
誰にでも出来ますよね?

 

1回くらいはやったことも
あると思いますし、

お笑い芸人がコントで
走っている時には、こんな走り方しますよね!

 

まずは高速の足踏みと
ゆっくりの腕振りパターンを
してもらいましたが、

に、逆のパターンも
やってみてください!

 

今度は、

腕を高速で振りながら
ゆっくりモモ上げしてみてください

 

…やってみましたか?

 

実際にやってみたら
分かると思いますが、

この動きは、すごく
やりにくいと思います。

GIF参考動画:TKD PROJECT

↑こんな風に
上手くタイミングが取れなくて
動きがグチャグチャになります。

 

「…で、この実験がピッチと
 なんの関係があるんですか?」

 

もしかしたら、まだ何のことか
ピンときてないかもしれません。

 

でも、この実験を
出来るか出来ないかが
ピッチを速くするポイントなんです。

 

これが大事なポイント!

 

腕振りを高速に振りながら
ゆっくりモモ上げするのは、
非常にやりにくかったですよね??

 

りにくかった
別の言葉で言い換えてあげるなら

速いテンポの腕振りにつられて
足の動きも自然と速くなって
タイミングが合ってしまった

という感じではなかったですか?

 

腕振りを速くするだけで、
足も
勝手に素早く動いてくれて、
自然とタイミングも合いやすい!!

 

だからもしもアナタが
「ピッチが上がってこないなぁ」
と、感じるのであれば、

腕振りを少し早めることで
足の動きを速くするキッカケを
つくることが出来ます!

 

 

あ、ちなみに…

腕振りをゆっくりにして
足だけ速くするパターンは
普通に誰でも出来ましたよね??

 

ということは、

ピッチを上げたいからといって
足だけ速く動かそうとすると

腕の振り遅れてしまって
タイミングがズレることによって
減速してしまう可能性もあります!

 

だからこそ

足を意識するのではなくて
腕振りでリードするように
素早く振る意識を持ちましょう!

 

を切り返すタイミングと
腕を振るタイミングが
ピッタリ合っていれば、

 

地面に接地した時に
ポンッと弾むように
反発をもらうことが出来ます!

 

レースの後半で
足が疲れてきて動かない場面で、

 

しっかりと腕を振ってあげることで
足を前に持ってくるサポートが出来て

勝負強く、後半も伸びるような
走りが出来るようになるので、

ツラくて、しんどい時にこそ
腕振りを意識してみましょう!

 

足を動かす速さを
腕振りでリードしてコントロールするように
素早く振ることを意識してくださいね!

 

ぜひ、お試しあれ!

 

「プレゼント🎁」があります!

 

  • 速く走れるコツを知りたい
  • 自己ベスト更新するヒケツを知りたい
  • すぐ試せる「裏ワザ」が欲しい

 

30日で100mが
0.38秒速くなってしまう

すぐ試せて効果バツグンな
「13個のコツ」を紹介します!!

 

 

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 陸上.com , 2019 All Rights Reserved.