足の速さに才能は関係ない。

接地時間を短くしてピッチを速くする方法

    
no image
\ この記事を共有 /
接地時間を短くしてピッチを速くする方法

 

「タンタンタンタン」っていう
スピード感の遅い足音が

「タッタッタッタッ」っていう
疾走感あふれる音に変わり

 

あなたの足音を聞かせただけで
「あいつ絶対速いな」って

ライバル達に思わせる
「接地時間を短くする方法」

 

 

を、この記事では
解説していきます!!

 

の方法を理解することで、

接地している時間が
単純に短くなるだけでなく、

身体の進むスピードも
速くなることによって、

走りそのもののスピード感が
大幅に変化していきます。

 

接地を速くするためには

 

「もっと接地短く!!」

コーチ

って指導されたことは
1度はありませんか?

 

その時にただただ
足を早く地面から離したり

早いテンポで
足を上げようとするだけでは

応急処置にはなりますが
根本的には解決しにくいです。

 

もそも全力で走ってるし
最大限足を速く動かしてるのに

さらに「接地を短くしろ!!」
って言われても困りますよね…

 

ただ接地を短くしようと
頑張るのではなく、

正しい解決方法を
理解する必要があります!

 

「接地時間 = ○○の時間」です!

 

接地時間って言葉は
普段から使っていると思いますが、

ただ単に「足が地面に着いている時間」と
考えてしまうと、上手くいきません。

 

しあなたが
接地を早くしたいのであれば、

↓のように解釈してみてください!

 

地時間とは…

 

身体の重心が
接地面よりも前に行くことで
足を離せるようになるまでの時間

です。

ちょっと難しいですよね。。。

 

まず身体の重さの中心である
重心っていうのは、

だいたいこの辺にあります。

 

…で、「立つ」ということを
行なっているときは、

身体の重さの中心である重心が
足の面積の中にある時に、
立っていることができます。

 

その「範囲の外に重心が動くこと」で
歩いたり走ったり、身体が移動します。

この範囲を重心が越えた時に
接地している足を離すことで移動することができます!

 

すっごく簡単に言うと、

重心が接地足のつま先よりも
前に移動すれば足を離してもOKですよ!
ってことです。

 

「もも上げ」と走りの違いとは?

この範囲を超えなくても
足を離すことも出来ますが、
身体は少しも進んでくれません。

走りと違って「もも上げ」が進まないのは、
この範囲の外に重心が移動しないからです。


 

難しくてもいったん
「そういうもんなんだぁ」ってくらいに
覚えておいてください!

 

接地が長くなる理由とは!

 

接地時間が長くなってしまうのは、

重心がつま先の位置を
通過するまでの時間が
長くなってしまうことが原因です。

 

さっきから何言っているか
分かんないですよね…?

 

もう少し言葉を変えて説明してみるので
しっかりついて来てくださいね!!

 

実は接地時間を速くするためには
「足の切り替え」が大切なんです。

 

足の切り替えが上手くいってるか
そうでないのかで、接地時間が変わります。

 

接地時の重心位置に注目!

 

接地した時に、振り上げ足が
接地足を追い抜いているような
良い接地の場合には、

接地した時点で
重心はこの位置にあります。

 

対に、

足が振り遅れていて
後ろに残ってしまっている場合、

接地した時点での
重心はこの位置にあります。

 

が流れることによって
重心とつま先までの距離が遠くなるので
通過するまでの時間が長くなってしまうのです。

↑つま先のラインを重心が越えなければ
足を離しても進みません!

 

らには、足の切り替えが遅いと
ブレーキが強くかかってしまうので、
走りの勢いがなくなってしまうことで

重心移動にもブレーキがかかってしまい
接地時間が長くなってしまいます。

↑膝の追い越しが早いことで
接地時間も右の方が早いですよね!

 

足の切り替えは超大事

 

足の切り替えによって
接地時間が短くできることが
分かっていただけましたかね??

 

よく「真下に接地しろ!」っていうのも
反発をもらうための意味もありますが、

ただ真下に接地するだけではなくて、
足の追い越しが出来ることで
重心移動が速くて進みやすい

というメリットもありますし、

 

対に「前に着こう」とすると
重心が後ろに残ってしまうので
接地時間が長くなっちゃうんです。

 

地時間が長くなることで
地面からの反発のタイミングも
逃してしまうことになります。

重心移動をするためにも
反発を貰うためにも、

足の切り返しを良くして
回転をキレイにすることが大切なのです!

 

次の記事は!

 

次の記事では、

じゃあ、どんな意識の違いが
悪い回転を作ってしまうのか、

良い回転を作るためには
どんなことを意識したら良いのか
具体的に解説していきたいと思います!

 

良い回転を作るためには
「あるコツ」を実践してください!

たったそれだけで
足の回転が変わってきます。

 

イメージさえ出来れば
走りが変わってくると思うので、

ぜひ読んで見てくださいね!

 

↑次を読む↑

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright©陸上.com,2022All Rights Reserved.