あなたの陸上人生に劇的なドラマを。

LINE持ってる選手は 今すぐクリック!

シンスプリントはなぜ痛いのか?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

 

心してください。
シンスプリントは治ります!

 

でも、やり方を間違えると
「再発」の危険性もあるので

まずは、シンスプリントを
深く学んでください!

 

 

シンスプリントは治ります。

 

単純に直すだけなら
数ヶ月の間、全く運動しなければ
普通に治る症状です。

 

も、数ヶ月の間
練習しなかったとしたら
相当タイムが落ちてしまいますよね。

 

たとえ長い時間をかけて休んで治しても
シンスプリントになる人には
「共通する特徴」っていうのがあるので

シンスプリントになってしまう
根本的な原因を解決しなければ
永遠に再発し続けてしまいます。

 

長い間休養して直しても
原因が解決できていなければ、
悪循環にハマってしまうのです。

 

あなたは
そうはなりたくないですよね?

 

もし今その悪循環に苦しんでいるなら
早く抜け出したいですよね?

そう思うのであれば、
まずはシンスプリントとは
何なのかを理解してください!

 

シンスプリントとは

 

 

シンスプリントっていうのは
スネの骨の骨膜が炎症を起こしている
という症状です。

 

「うーん、少し難しいです…」

 

そうですよね。

骨膜とか炎症とか言われても
良く分かんないですよね。

簡単に説明していきますね!

 

骨膜とは?

 

骨膜っていうのは「骨の周りにある膜」で
神経や血管、リンパ管が走っています。

今回は単純にシンスプになるのは
スネの骨の周りにある膜だと思ってください。

 

シンスプリントっていうのは、
筋肉とか骨が怪我したというよりは
この「骨膜」を痛めている状態です!

 

なぜ痛みが出るのか

 

スネ周りの筋肉は
こういう筋肉があります↓

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 陸上.com , 2019 All Rights Reserved.