あなたの陸上人生に劇的なドラマを。

LINE持ってる選手は 今すぐクリック!

【短距離選手向け】大腰筋を太く鍛えるトレーニング

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

 

なたがもしも、

  • 足が流れている
  • ピッチが早くならない
  • 膝が高く上がらない
  • 足を速くする筋トレを教えて欲しい
  • 上半身と下半身が連動しない

 

そんな悩みを持っているのなら、

この記事は、あなたの陸上人生を
大きく変えるキッカケになるほどの
影響力を持つかもしれません。

 

というのも、この記事では
走るうえでトップレベルに
重要視されている

「大腰筋」だけをトレーニングする
トレーニングだからです。

「パチもん」には、注意してください。

 

世の中には、たくさん
「大腰筋トレーニング!」とかって

本やYouTubeで動画が公開されていますが、
偽物がめちゃくちゃ多いです。

 

あなたに覚えておいて欲しいのは
「大腰筋」を鍛えることは、
そんなに簡単ではないということです。

 

でも、そうですよね??

 

走りに必要な筋肉が
簡単に鍛えられるのであれば、

みんな大腰筋だけを筋トレして
デカく太くさえしてパワーをつければ、
簡単に速くなることができます。

 

足が流れる選手も
モモが上がらない選手も
膝が前に出てこない選手も

とっくに絶滅しているはずです。

 

しかし、現実的には絶滅するどころか
悩んでいる人は多いですよね?

後半の失速

 

走りで重要な筋肉ではありますが
きちんと使える人は少ないし、

トレーニングをすることは
かなり難しい筋肉になります。

 

も、もう大丈夫です!

 

今回はあなたに

どんなポイントを意識して
どんな風にやっていったら、

大腰筋を上手く使えるように
なっていくのかをご紹介します!

 

大事なポイント3つ!

 

この3つのポイントを抑えていなければ
太く強くするどころか、使う事すらできません。

 

なので、このポイントだけは
絶対に抑えて置くようにしてください!

 

これを知らなければ
ほとんどの人が失敗する
超重要なポイントの1つ目が…

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 陸上.com , 2019 All Rights Reserved.