足の速さに才能は関係ない。

地面は叩くな!蹴るな!

    
no image
\ この記事を共有 /
地面は叩くな!蹴るな!

 

きな反発をもらうには
「大きな力」が必要です。

 

だからといって地面を
「強く蹴ろう」とすると、

あなたがもらえたはずの
反発を
殺してしまいます

 

 

発をもらえるように
なりたいなーって思ったときに

「地面をなるべく強く
 蹴った方がいいのかな。。。」

って思っていませんか?

 

かに大きな力を加えたり
強く蹴れることは大事ですが、

「強く蹴ろう!」って思いすぎると
うまくいかない事が多いです。

 

 

地面を叩いてはいけない

 

地面を強く蹴ろうとしたり
ピッチを無理に上げようとしていると

反発をもらうための姿勢が
崩れやすくなります。

 

 

に「地面を叩く」イメージや
筋肉のパワーを使ってやろうとすると
反発をもらいにくい姿勢になってしまいます。

 

足の筋肉で叩いてしまうと…

 

ダメなイメージとしては
力まかせに「空き缶をつぶす」イメージ。

 

足元に置いた空き缶をつぶす時は
太ももの前側の筋肉を使って
踏みつぶしますよね?

 

空き缶を踏みつぶすように
思いっきりガンッって蹴ると、

どうしても
腰が落ちた姿勢になります。

 

膝が必要以上に曲がったまま
接地してしまうと反発をもらえず
力を吸収してしまいます。

 

ちらかというと、

体重を使って空き缶の上に跳び乗って
「体重だけでつぶす」ようなイメージ
を持つようにしてみてください!

 

↑こんなイメージ。

 

力でつぶすようなイメージだと
姿勢が崩れてしまいます。

 

でつぶすようなイメージを
走りで持ってしまうと、

腰が乗っていない
腰の低い走りになってしまうので、

足の筋肉を使って
地面を叩くようなイメージは
しないようにしてください!

 

パンチも違います!

 

空き缶でイメージがつかない人は
「パンチ」をイメージしてみると
なぜ叩くことが悪いのか
分かるかもしれません!

 

ンチする時って

相手にぶつかる時までは
「ヒジが曲がった状態」で

ぶつかった後に
伸びるようなイメージですよね?

 

↑普通は当たる瞬間まで、ヒジが曲がってますよね?

 

最初から伸びたまま
パンチする人はいませんよね!笑

ヒジを伸ばした状態から
パンチすることを実際やってみたら
違和感で変な感じを体感できると思います!

 

↑普通にやばいですよね笑

 

ばいんですけど、、、

反発をもらうということであれば
こっちイメージの方が重要なんです。

 

 

地面に接地する瞬間には
足は伸びた状態のまま接地する方が
上手くいきやすいんです。

 

 

 

次の記事では

 

地面を自分から叩きにいったり
パンチしにいったりすると、

姿勢が崩れやすいことは
なんとなく分かりましたよね?

 

あなたの頭の中にも薄っすらと
「反発をもらうイメージ」が
そろそろ湧いてきていますか?

 

「姿勢をまっすぐな方がいい!」ってことは
頭では何となく理解できたと思いますが、

実際の動きで再現するためには
「鮮明にイメージできていること」が
とても大事になります。

 

の記事では、

実際にどんなイメージでやったら
反発をもらうことが出来るのか

理論的に理解できていなくても
感覚的に理解できるようになる

「イメージ」をあなたに
お伝えしようと思います!

 

*******************
↓次の記事

↑クリックして↑
*******************

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright©陸上.com,2019All Rights Reserved.