あなたの陸上人生に劇的なドラマを。

LINE持ってる選手は 今すぐクリック!

【ストライドがUP!】腕振りで反発をもらう方法!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

 

「上半身のバネ」で
反発を何倍にもアップさせ

腕と足の動きを連動させて
スピードをMAXまで加速させる

「前後に振らない」腕振り方法

 

 

走る時って足に意識が
向いてしまいがちですが、

腕振りを工夫することで
ストライドを伸ばすことも

ピッチを上げることも
足の疲労を軽減することもできます。

 

腕振りは何を意識すればいいの?

 

足の回転とか
足の使い方に関しては、

ほとんどの選手に共通した
正解の走り方があると思いますが、

 

腕振りに関しては
指導者によって意見が違ったり、

選手によっても意識するポイントが
変わることも多いです。

 

の個人的な意見としては
やはり足の動きが大事だと思ってるので、

足の動きをサポートしたり
走り全体のバランスを取るような
腕の振りがいいと思います。

 

あなたも、
「前に振ったほうがいいのか
 後ろに振ったほうがいいのか」

どっちが正しいのか疑問に
思ったことがあるかもしれません。

 

どっちが良いって訳ではなくて、

前に振ると足が上がりやすかったり
後ろ振ると地面を蹴りやすかったり、

どちらにもメリットはあります。

 

腕の振り方次第で
何通りものメリットはあるし、

腕振りの仕方だけで
走り自体が変わってきます!

 

それだけ腕振りが
走りにおいて重要であるってことです。

 

「…で結局、オススメなのは
 前と後ろどっちなんですか?」

?質問

って、思うかもしれませんが
僕は「前後」っていう腕振りの意識は
あまりよくないと思ってます。

 

なぜなら、

腕を「前後に振る」ことを
意識しすぎちゃってる選手は、

上半身がリラックスできず
硬い動きをしてしまっている印象があります。

 

ので、僕のオススメは
腕振りは「前後」ではなく…

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 陸上.com , 2019 All Rights Reserved.